2018年8月 伊吹山自然と登山 伊吹山ネイチャーネットワーク<2018/08 伊吹山の自然と登山>
伊吹山の地学,伊吹山の生物学,伊吹山の人間史,伊吹山の花,伊吹山の保全活動,伊吹山のモニタリング調査,伊吹山の登山,伊吹山の書籍,伊吹山の歴史
伊吹山ネイチャーネットワークのマーク
伊吹山ネイチャーネットワーク 伊吹山ネイチャーネットワークスライド
伊吹山麓早春の花MAP,伊吹山登山MAP,伊吹山の花,伊吹山植生・獣害調査,外来植物の駆除,山の語り部,伊吹山のガイドブック,史跡MAP,ネイチャーサポーター,高山植物,昔話
 伊吹山のいろいろな最新情報を詰め込んだサイト。2010年以降の伊吹山の生態系や生物多様性は、オーバユースやニホンジカの食害等で劣化し脅かされています。このことから、私たちは生物調査や植生調査などのモニタリングを「伊吹山を守る自然再生協議会」公認のもと実施し、環境保全のための科学的な視野での提案や事業を展開しています。また、これら自然の動きを観察する中で自然環境の大切さを知るための「自然観察会」を毎月開催しています。さらに、伊吹山に関する書籍として「植物図鑑」をはじめ「地質学」「生物学」「山と人間学」などを出版しています。

We are doing the conservation activity of the environment of Mt. Ibuki.
今朝の伊吹山

2018年度 第6回 伊吹山自然観察会のご案内
期日:9月17日(月・祝/敬老の日)
伊吹山北尾根と笹又道の秋を楽しむ
伊吹山頂は秋風に揺れる
純白のサラシナショウマ群落と
青紫の大輪イブキトリカブト群落で
彩られます。
山頂散策後は、北尾根の静馬が原から
笹又登山道を訪れ、
山頂とは違った希少植物と出逢います。
チチブリンドウ、イブキレイジンソウ、
マネキグサ、ヒナノキンチャク、
イブキコゴメグサなど
ゆっくり歩きながら
秋の花々を楽しみましょう。
★詳細・申込は→  ※目的地への便乗希望者はあと12名で締切(8/19現在)


種の散布を科学する→
花と実の物語

伊吹山語り部サロン
●本会発行の書籍●

ベストセラー
伊吹山の花の本
手軽なポケットサイズ
1種100円(ネット割引)
詳細と購入は→●

春編
春の花ガイド
初夏編
初夏の花ガイド
夏編
夏の花ガイド
秋編
秋の花ガイド
登山道
春編 →

▼伊吹山の書籍ガイド▼
地学(地形・地質) 生物学(生態学・生物多様性) 人間学(民族・郷土)
 滋賀県と岐阜県の県境に横たわる伊吹山は、古くから知られ、日本最古の書「古事記」や「日本書紀」に日本武尊とともに登場します。この本は、それよりさらにさかのぼり、伊吹山誕生からの自然史を科学的に探りながら、やさしく解き明かそうとするものです。

 日本列島の真ん中の山。その特徴的な山容と厳しい気候から近寄りがたい霊山として崇められ、麓に住むものには、山の頂までが里山です。いつの時代も人の営みを支えた伊吹山を知ろう。
今までの自然調査活動一覧
★調査活動は「伊吹山自然再生協議会」事業の一環です。

★2017.11.03伊吹山DW沿道重要植物保護網撤去作業
★2017.10.09伊吹山重要植物分布調査2※非公開
★2017.09.26伊吹山重要植物分布調査1※非公開
★2017.06.24伊吹山DW沿道重要植物保護網設置作業
★2017.06.03山頂部の外来植物の侵入調査
★2017.06.03山頂部の在来種タンポポ調査
★2017.06.03山頂部の植物重要種調査 ※非公開
2017年度 伊吹山西登山道シモツケソウ再生試験地について本会の見解

山頂一帯は,国指定の天然記念物に指定されている草原群落。しかし、近年になってさまざまな外来種が侵入し始め、豊かな植物の生育環境を脅かしていています。
セイヨウタンポポの侵略 
ヒメジョオンの侵略 
ハルザキヤマガラシの侵略
タンポポ挿絵
登山情報
伊吹山登山道MAP
★登山道マップ(滋賀県側)
★北尾根・笹又・弥高の登山道&山麓古山道マップ
★伊吹山麓・姉川流域マップ
★登山道の史跡マップ
★伊吹山DW沿道史跡マップ

伊吹山の花暦
★伊吹山植物写真図鑑
★伊吹山の花暦
★山野のフォト歳時記

 伊吹山の多種多様な自然環境と生きもの、そのすべては私たちが生きていく上でかけがえのない存在。季節の移ろい、鳥たちのさえずり、草木のざわめき、渓谷にすむ魚たち、な身の回りの素晴らしい自然に目を凝らし、耳を澄まし、いろいろな生きものたちのにぎわいを感じてみましょう。

私たちは、伊吹山周辺のめぐみ豊かな自然と人々の環境を子どもたちの未来へ引き継ぐために、伊吹山の自然環境保全と地域資源を活かしたまちづくり活動に取り組む市民グループのネットワークを築き、地域住民と伊吹山の自然との良好な環境を創り出す地域づくりに寄与することを目的としています。そして、この目的を達成するために、 【やまんどプロジェクト】として、右記の3つの事業を行っています。 ■歩み&活動概要
1.自然再生&保全
2.伊吹山の語り部
3.地域資源の活用