2017年 伊吹山ネイチャーネットワーク 伊吹山 - さまざまな登山道マップ<2017/12伊吹山ネイチャーネットワーク>

伊吹山|さまざまな登山道マップ(2017/12 詳細登山ガイド)
【今朝のつぶやき】シジュウカラ達が庭木の手入れ

             撮影・文:奥川禎一 滋賀県長浜市西上坂町→
★琵琶湖岸から過去一年間の“伊吹山の日の出”の動きを見る


撮影場所:長浜市西上坂町

1.a.滋賀県側登山道(地図)(正面・弥高・上平寺)
  b. 伊吹山上空(google写真)詳細解説
    正面登山道・弥高尾根・上平寺尾根登山道(滋賀県側)
  c. 上平寺尾根 登山口(google写真)詳細解説

4. 伊吹山麓・姉川流域(地図)
  春の花々と紅葉の里(小泉・大久保・板並・五色の滝)ハイキング
2. 伊吹山ドライブウェイ/山頂駐車場からの登山道(地図)
 ドライブウェイ山頂駐車場からの3登山道(西・東・中央) 
5. 正面登山道の史跡(地図)
  伊吹山の人々の関わりを知る
3. 伊吹山麓さまざまな登山道と古い山道跡(地図)
 北尾根登山道、笹又登山道、弥高登山道、上平寺山道、古い山道跡
 ※古い道は迷いやすいため要注意!
6. 伊吹山DW沿道の史跡(地図)
  伊吹山の人々の関わりを知る


1.正面登山道(滋賀県側)→ ★標高差=1,157m(登山口標高220m、山頂1,377m)
★登山の特徴は上り上りで平坦な道は少ない。 ★1合目からは草原で日陰は少なくひたすら山頂をめざす。
★3合目まで登れば約半分と思えば良い。★ビギナーも道に迷うことはない。★夏は熱中症に要注意! 

<入山協力金=300円>
★協力金(任意)※中学生以下および障害者の方は不要です。
 ・滋賀県側登山口は徴収員が配置されています。
 ・伊吹山ドライブウェイの山頂駐車場には、西と中央登山口に
  回収箱が置かれています。(H27年から)

<トイレについて>
 ★登山道の公衆トイレは、登山口、1合目、3合目、
  山頂の4カ所
 ★伊吹山ドライブウェイ側は要注意!
  ドライブウェイ入口周辺はありません。山頂駐車場のみ。

<携帯電話について>
 ★山頂周辺は、docomo、au、softbankともに全体的に
  つながり難くいが、場所により通じる場合があります。
<登山道について>
★滋賀県側の登山道(滋賀県米原市上野)
 滋賀県側の登山口から3合目までの林道をタクシーで
 通過可能です。(予約制)
  ・近江タクシー 0749-62−0106
  ・都 タクシー 0749−62−3851
   ※滋賀県側の3合目へのゴンドラはH20年に廃業。
   ※林道は、全面通行禁止で出入口に施錠門があります。

★伊吹山ドライブウェイ山頂駐車場からの登山道
 1. 西登山道=広い道幅だが、小石などがガラガラしています。
   運動靴などしっかりした足元で。(山頂まで約40分)
 2. 中央登山道=山頂まで20分ですが、急勾配の丸太階段。
   足元が気がかり、お花を鑑賞する余裕はありません。
 3. 東登山道=下り専用。自然のカルスト地形が残る山道。
   中腹より下は、整備を控えているため、ケガ人も多く
   足腰に自信のない人、登山靴でない人は止めましょう。


伊吹弥三郎
測候所のお話し
日本武尊の伝説
弥勒堂の説話
行堂岩と修験行者
織田信長と薬草園
日本そば発祥の地
伊吹大根のお話し
伊吹もぐさのお話し

<山のマナーを守りましょう!>
伊吹山は、国定公園で山頂付近は国の天然記念物(文化財)です。
★植物や昆虫の採取はできません。
★決められた登山道を歩き草原やお花畑に入らないようにしましょう。
★ペット連れは、控えましょう。
★ゴミはすべて持ち帰りましょう。
★伊吹山ドライブウェイでの歩行は禁じられています。ガードレールを踏み越えることも危険で違反です。
★山の中での行商は、マナー違反で山小屋への営業妨害です。山小屋で購入しましょう。
 ※山頂付近でガイドをして、植物テキストを売りつけるグループがいます。購入しないようにしましょう!

植物ガイドを片手に登山を楽しむ。
ネット購入は、とてもお得!
伊吹山の植物ガイド
春・初夏・夏・秋
+春の登山道
の5種セット
(単行本サイズ)
ジャバラ折

★2017年発行
「伊吹山を知る”やさしい”山とひと学の本」
詳細・お申し込みは→ ●(1冊¥600)
大探検シリーズの完結編として、「伊吹山と人間」をテーマに13名の書き手が、自然との関わりで生まれた人々の暮らしや生き方、そして有形・無形の遺産などをそれぞれ独自の視点から研究し、書き綴ったレポートをまとめあげました。価格:¥600 (単行本サイズ,116ページ,オールカラー)

伊吹山大探検シリーズ2弾
「伊吹山を知るやさしい”生きもの学”の本」 500円
"クマ"カモシカ襲う!
監修:須藤明子・青木繁
伊吹山の豊かな自然環境と多種多様な生きもの、そのすべては私たちが生きていく上でかけがいのない存在です。このハンドブックを片手にその生きもののにぎわいを感じてみましょう。

伊吹山を知る やさしい ”地学”の本
監修:阿部勇治
伊吹山の生い立ちと地質の構造などを科学的にやさしく解き明かすハンドブック
全カラー80P:¥500


▲登山口