伊吹山の歴史の本(伊吹山ネイチャーネットワーク)  伊吹山の歴史の本(伊吹山ネイチャーネットワーク)

伊吹山を知る”やさしい”山とひと学の本

 「伊吹山を知る”やさしい”本」は、伊吹山大探検シリーズとして「地学」「生きもの学」「人間学」の三つをテーマに全三冊で構成されています。第一冊は、伊吹山誕生から現在の地形や地質の成り立ちを証す「地学の本」(平成二十七年発行)。第二冊は、伊吹山の豊かな自然環境の中で、生まれ、育まれてきた多種多様な生物をテーマとした「生きもの学の本」(平成二十八年発行)。
 本書第三冊は、「伊吹山と人間」をテーマに13名の書き手が、自然との関わりで生まれた人々の暮らしや生き方、そして有形・無形の遺産などをそれぞれ独自の視点から研究し、書き綴ったレポートです。
 しかし今、人間が進歩や発展を「善」として進めてきた猛烈な開発が自然破壊を引き起こしています。かつて、伊吹山麓に住んでいた縄文時代の人々は、自然に対して非常に敬虔な姿勢で生活していました。ところが、このような敬虔な気持ちが次第に失われ、いつの間にか自然を生産の対象として認識するようになりはじめたのです。本書は、単に郷土歴史の読本でなく、私たちがふつうに生活する中で、自然と人間との関わりを見つめ、捉え直すことによって、山とひとがともに今後健全に長く暮らしていくことを考えるきっかけの書になればと願います。

伊吹山ネイチャーネットワーク出版部:筒井杏正


【もくじ】
 このハンドブックを読む前に/筒井 杏正
1 伊吹山の自然と人間/仁連 孝昭
2 縄文時代の伊吹山麓/高橋 順之
3 伊吹山と日本武尊/竹田 繁良
4 伊吹山の山寺/ 藤岡 英礼
5 伊吹山周辺の仏像/ 高梨 純次
6 伊吹山で修行した円空と幡隆 /黒野 こうき
7 伊吹山周辺の城/ 中井 均
8 伊吹山の雨乞いと太鼓踊り/中島 誠一
9 伊吹の水をめぐる旅に出よう!/中川 久美子
10 水系の暮らしを見つめる伊吹のまなざし/大沼 芳幸
11 伊吹山の採草/高橋 順之
12 近江「本山」石灰の歴史と今/中川 眞澄
13 伊吹そば発祥の地「伊吹」/山内 喜平
14 伊吹山で生まれた伊吹大根/山内 喜平
15 伊吹山登山いま・むかし「伊吹山に登る」/草川 啓三
16 伊吹山スキー場/高橋 順之
17 【コラム】伊吹おろし/竹田 繁良
18 【コラム】伊吹山麓を 汽車が走った
19 【コラム】伊吹山の草木染め
20 【コラム】伊吹山文化資料館
21 本書の制作に関わった人たち


本書の購入は→
伊吹山ネイチャーネットワーク【TOP】



























伊吹山の自然と人々のなりわい(パノラマ画)




本書の購入は→
伊吹山ネイチャーネットワーク【TOP】